絵本ひろば

幸せの天使めぇ

2022.11.14

1,134

めぇクイーンシリーズ5

幸せの天使めぇ

この絵本を読む アプリで読む
この絵本の説明:
☆幸せの天使めぇは、神さまから特別な力を与えられていた。
しかし、姉のめぇクイーン同様、その力に苦しんでいた。
そんな幸せの天使めぇに近づくゼーレ……。
彼は神さまが生んだ、幸せの天使めぇの未来の家族だと言うが……?

絵本
0「みらいのめぇ」https://ehon.alphapolis.co.jp/content/detail/4075
1「めぇクイーン」https://ehon.alphapolis.co.jp/content/detail/4038
2「ひとりぼっちのめぇクイーン」https://ehon.alphapolis.co.jp/content/detail/4047
3「恋する めぇクイーン」https://ehon.alphapolis.co.jp/content/detail/4050
4「時巡る めぇクイーン」https://ehon.alphapolis.co.jp/content/detail/4680
5「幸せの天使めぇ」https://ehon.alphapolis.co.jp/content/detail/4738
6「ひとりのめぇと天空のオアシス」https://ehon.alphapolis.co.jp/content/detail/4767
ページ数:
97
対象年齢:
6歳〜
タグ:

評価

ログインすると評価ができます

感想

ログインすると感想の投稿ができます

翠川 蒼史
2022.11.14

翠川 蒼史

周りの気持ちを上手く受け取れなくて、孤独を感じる幸せの天使めぇ。
愛憎で心が動いている事が伝わって来て、児童書としては難しいながらも、とても大切なものが詰め込まれた作品だと感じました。
直接本人に「嫌い」と言えるのはその人を好きで相手の心を信じる、もしくは本当に憎くて仕方ない許せない相手くらいだと思います。
そんな色んな事を考えさせてくれるめぇシリーズが大好きです。
これからも新しい作品お待ちしております。

千魔猫アリス
2022.11.14

千魔猫アリス

翠川 蒼史さん、感想ありがとうございます!
幸せの天使めぇは、知らず知らずに愛おしさや楽しさを感じて笑ったり、泣いたりして、でも、それに気づくのは、ずっと先なんです。
周りに人がいて、幸せな筈なのに、とても孤独で、その孤独を癒してくれていたのは、「嫌い」なはずのゼーレで……。
ゼーレと距離を取ることで、言葉にならない感情があふれ出してきて。

幸せの天使めぇの孤独と「嫌い」の意味が届いていたことに、驚きと喜びを感じました!
感謝します! ありがとうございます!

この作者の近況ボード更新履歴