絵本ひろば

おかあさんのへんなおと

この絵本の説明:
りほちゃんはおかあさんのことを、ちょっとへん!だと思っています。
それは、ものの名前とか、動きとか、何でも「おと」であらわすからです。
このおはなしは、りほちゃんが、おかあさんからいろいろな「おと」を聞き、感じ、いろいろと思う様子を描いています。
皆さんもこのおはなしに出てくるような身のまわりの「おと」を探してみてください。
きっと楽しいですよ!

ページ数:
15
対象年齢:
4歳〜5歳
タグ:

評価

ログインすると評価ができます

感想

ログインすると感想の投稿ができます

itaeya
2019.02.27

itaeya

ここまで音で表すのって、或る意味大変だと思います。
表現力豊かなお母さんと見る事が出来ますね。^^


挿絵も表情が豊かでポップ。視覚的にも楽しい一冊ですね。

いなば けんいち
2019.02.27

いなば けんいち

itaeyaさん

ご感想ありがとうございます!

実は…ほぼ実話なんです(笑)。

世の中の問題をテーマにするのも大切にしたいのですが、今回はあまり考えずにふだんの暮らしの一場面を切り取って、クスッと笑えるように描いてみました。
楽しんでいただければうれしいです。

この作者の近況ボード更新履歴