絵本ひろば

うりまる

この絵本の説明:
うりまるは修行中の忍者。ある日、里のじいさまが何者かにさらわれた!うりまるは、じいさまを助けるために敵のとりでに向かうが、そこには、おそろしい山賊たちが待ちかまえていた・・・うりまるの正義の忍法がうなる!
ページ数:
17
対象年齢:
4歳〜5歳
タグ:

評価

ログインすると評価ができます

感想

ログインすると感想の投稿ができます

犬平 犬
2018.02.17

犬平 犬

単純に読んでいて面白かったです。子どもたちの中に楽しい世界が広がって行きそうですよね。

ehonchuten
2018.01.09

ehonchuten

「勧善懲悪」をあまり良しとしないのが今の風潮なのかもしれませんが、
そんなことは大人の都合かもしれません。
取り敢えず、子供の時はわかりやすく、何が良くて、何が良くないのかをはっきりと
教えてやらないとダメな気がします。
微妙なことは大人に成ってからいくらでも考えることになるのです。
うりまるの可笑しくも一生懸命でがんばる姿は
「すいか=うり」と「いのしし=うりぼう」の関係から
まるでお父さんかお母さんがイタズラ好きの子供を叱り、しつけているようにも見えます。
だから、うりまるはシシオウをカタナで斬ったりなんかできなかったでしょ。
ちゃんとオチもある最後はすっきり読み切れますよ!!

杏
2017.12.26

うりまるのキャラクターが可愛くって表情が常に焦ってたのが面白かったです。うりにんぽう他にはどんなのがあるのか気になります!

そのやん
2017.12.22

そのやん

インパクトがすごい!

ぷにぷに
2017.12.20

ぷにぷに

最高におもしろいです!スピード感があって、どんどんページをめくってしまいました。分身の術のページでは、おかしくて吹き出してしまいました。大きな頭が最後に役に立つとは、、、、恐れ入りました。うりまるの分身がとてもかわいいです。以下は子供の感想です。↓
うりまるの頭がさくに挟まったところがおろしろかったです。ちょっとどんくさいけど、ピンチを切り抜けていくところがすごいです。学校の図書館にこの絵本を置きたいです。

yoshiko
2017.12.20

yoshiko

小うりまるも大活躍で、楽しいお話でした。あんな風にタネを飛ばせたら面白いでしょうね。
うりまる達がいれば、村は安心ですね。
ししおうの顔は怖いけど、ちょっと憎めない感じがします。

この作者の近況ボード更新履歴