絵本ひろば

はりねずみくん あそぼうよ

この絵本の説明:
はりねずみくんのところに、もりのおともだちがやってきます。
「はりねずみくん あそぼうよ」
だけど、あれれ? はりねずみくんは……


心理学で有名な「ヤマアラシのジレンマ」は英語では“Hedgehog's dilemma”
そのため「はりねずみのジレンマ」とも言われています。

ちょっと臆病なはりねずみくん。友だちが自分と違うと思うと、怖くなって背中のトゲがツンツン。
だけど、仲良くなりたいなと思ったら、はりねずみくんだってがんばるんです!

保育園、幼稚園に上がって、友達できたてホヤホヤの子どもたちへ。


ページ数:
14
対象年齢:
2歳〜3歳
タグ:

評価

ログインすると評価ができます

感想

ログインすると感想の投稿ができます

景綱
2020.12.02

景綱


なんだかほっこりしますね。
動物たちがとてもかわいらしいです。
優しさも感じます。
くまの広珠さんの、物語はやっぱりいいですね。

くまの広珠
2020.12.02

くまの広珠

景綱さん、お久しぶりです!
読んでもらえてうれしいです(^^♪
また時間を見つけて、絵本も描いていきたいなと思っています。

壱度木里乃☆イッチー☆ドッキリーノ☆
2020.11.29

壱度木里乃☆イッチー☆ドッキリーノ☆

かわいいです、とても。
そして、小さな子供たちへの
お友達との交流や相手の心を感じ取るってどういうことかな
といったメッセージ性がこもっています。ステキです

くまの広珠
2020.11.29

くまの広珠

やっとここの返信の仕方がわかりました( ;∀;)
木里乃さん、見てくれてありがとうございます!!
一年ぶり?二年ぶり?に絵本を描きました!

この作者の近況ボード更新履歴