絵本ひろば

セノーテのなかへ

2020.02.26

1,401

幻想界のオーベルジュ

セノーテのなかへ

この絵本を読む アプリで読む
この絵本の説明:
冬の後を追って、春が訪れた幻想界。
オーベルジュ”小さいツノ”を営むドラくんたちは、お客様が増えるのに向けて、水わさびを採りに行くことにしました。今回ゲストとして登場するのは、水龍族のリュー君。泳ぐのが得意なお友達。水龍族は、ドラ君達ドラゴン族の親戚でもあるんです。

セノーテの中の、美しい水と光のハーモニーを、楽しんで頂ければと思います。
ページ数:
33
対象年齢:
4歳〜5歳
タグ:

評価

ログインすると評価ができます

感想

ログインすると感想の投稿ができます

この作者の近況ボード更新履歴