絵本ひろば

ぼくの木のみつ

この絵本の説明:
この絵本を作ったきっかけは、仕事場の園に通う男の子が「ぼくの!」「これ、ぼくの!」と、おもちゃをお友達に渡さずに、一人で使っていたことでした。

何度も「みんなのだよ。」と言っても、「ぼくの!」の返し(^_^;)
ルールを作って何とかしますが、本人は渋々な様子。
それを見て、確かに「ぼくの!」と主張するのも間違っていないなと……

けれど、みんなのでもあるんだよ!!と、その先を子どもが自発的に感じていってもらえたらな~と思いました。

絵本では、そんな子どもたちを虫に変身して、自分たちを取り巻く自然や人などの環境と、どう向き合って共存していったら良いのか?
ぼくやみんなにとっての大切な木を、どうやって守っていったら良いのか?
想像してもらえるように、作ってみました。

その答えとなるようなラストを、わたしは子どもたちとお散歩する中で見つけることができました☆
ページ数:
28
対象年齢:
6歳〜
タグ:

評価

ログインすると評価ができます

感想

ログインすると感想の投稿ができます

yusaiga.gaka
2019.08.05

yusaiga.gaka


色々な昆虫たちが登場し、絵も可愛らしいですね。昆虫たちに仲間意識があり、それぞれの個性や思いが
表現されていて、楽しく読ませていただきました。

2019・08・05 yusaiga・gaka

いろはゆり
2019.08.05

いろはゆり

yusaiga.gakaさん
ご感想を頂き有難うございます🙏
昆虫たちの可愛らしさや個性を感じて頂き嬉しいです😃
また、総じて楽しんで絵本を読んで頂けて、嬉しいです🌈

とっちゃん
2019.05.21

とっちゃん

昆虫たちのキャラが立っていて楽しく拝見させて頂きました。
ビートの男気や切なさを残した終わり方など素敵ですね。

いろはゆり
2019.05.21

いろはゆり

とっちゃんさん有難うございます!!
登場キャラクターには、子どもたちの個性そのものを込めていたりとしたので、そこを楽しんで頂けて嬉しいです😊
また、作者として終わり方に、こうゆうものだと達観視していた部分がありましたが、繊細にも切なさを感じて頂けこと、新鮮に嬉しく思います🙏

nura
2019.05.21

nura

優しい絵のタッチに引き込まれました。
虫たちの思いが伝わってよかったなって思います!近所の木が同じように切り株になっているので、とても身近に感じるました。

いろはゆり
2019.05.21

いろはゆり

nuraさん有難うございます✨
素敵な絵本を作られる方から、そう見て感じで頂けて、本当に嬉しいです(^ ^)