絵本ひろば

3歩で忘れるコケコッコ

この絵本の説明:
ニワトリのコケコッコはとっても忘れん坊。3歩歩けば嬉しいことも悲しいことも忘れます。そんなコケコッコはいつだって独りぼっちでした。
ページ数:
18
対象年齢:
6歳〜
タグ:

評価

ログインすると評価ができます

感想

ログインすると感想の投稿ができます

NIRVANA
2018.08.07

NIRVANA

なかなか考えさせられるけど、とても良いお話しでした。さて、これを子供たちにどう読み聞かせしようかと。大人の視点では初めの設定を「大事なこと、悲しかったこと、嫌だったことは3歩歩けばすぐに忘れます」ということにして、最後に実は「うれしかった気持ち、誰かや何かを好きな気持ちはずっと忘れませんでした。だからくまさんに会いにこれたのです」というようにした方が、すっきりして話の辻褄が合うかな~と思いましたが、ただ子供達には「良かった気持ちは忘れない」という設定のままでよいのかとも。すいません。

たむられお
2018.08.07

たむられお

NIRVANAさん、ご感想、ご意見ありがとうございます。大人の視点と子供の視点。絵本であるからこそ両方の視点から物語を作る必要がありますよね。物語に深みを出すためにも必要なことだと思います。今後の作品作りに活かしていきます!非常に参考になるご意見ありがとうございました('◇')ゞ

honestree
2018.03.20

honestree

とても面白くてホロリとしてしまいました。でも説明の「3歩歩けば嬉しいことも悲しいことも忘れます」は内容と違ってるのでは…?嬉しいこと(クマとの出会い)は覚えているのだから、他人の名前などを忘れてしまう説明、設定としたらよいのではと思いました。

たむられお
2018.03.20

たむられお

honestreeさん、ご感想、貴重なご意見有難う御座います。私としては記憶としては忘れても思い出としては残ってる、ということを表現したかったのですが難しいですね。
とにかく、今後の作品づくりの参考にさせていただきます∠(`・ω・´)

みそでんがく
2018.03.20

みそでんがく

ヘリクリサム綺麗な花言葉ですね。
心にジーンときました。

たむられお
2018.03.20

たむられお

みそでんがくさん、ご感想有難う御座います。私もこの花言葉に惹かれて何か物語を作ろうと思いました。( ´∀`)