絵本ひろば

つよくなくたっていいんだよ

この絵本の説明:
臆病で気が弱いクマは、森の王としていつも強いふりをしていた。ある日、大きなイノシシが現れ森を走り回る。震えを隠し戦いに挑んだクマは、威嚇のために精一杯で叫んだが、怖さのあまり裏返った声は壊れたラッパのような音になる。唖然とするイノシシや森のみんなから隠れようと、そばの木に登ったクマは、そこでワシにさらわれて来たイノシシの子供を見つける。降ろしてもらった子供とイノシシは、喜んで去っていった。平和が戻ったが、弱さが露見したクマは落ち込んで家に閉じこもってしまう。数日後、食べものを持ったモグラが地面から現れ、家の前には心配したみんなが集まっていた。その日、クマは強かったパパを褒めるいつものママの夢の続きを見た。「ずっとこのままの優しい坊やでいてね。大好きよ」クマはみんなと一緒に過ごすようになった。時々、またよそ者と戦うこともあるけれど、もう怖くなかった。なぜなら、いつだってみんなが付いて来てくれるから。みんなでいっせいに吠えて追い払うのだ。ガオーッ!
ページ数:
32
対象年齢:
4歳〜5歳
タグ:

評価

ログインすると評価ができます

感想

ログインすると感想の投稿ができます

ユースケ
2020.07.20

ユースケ

とても素敵でした!

wayway872
2020.06.29

wayway872

本当の強さは見た目だけではなく、みんなを思う気持ちから出るもの。
最後のみんなでガオーとするところがいいです。

Fuki
2018.01.31

Fuki

動物たちの描写はリアルなのに、
きちんと喜怒哀楽の表情が活きていてすごいです!

人からの見え方を気にして、
息苦しくなってしまったりということ、
きっと こどもも 大人も 多くあると思います。

そんな自分を見失いそうになった時、
そばにあってほしい・・・そういう絵本だと思いました。

Halo_Fula
2017.12.21

Halo_Fula

最後にみんなで吠えるシーンが好きです。くまさんの気持ちがみんなに伝わって良いですね。

ユウカ・シーシカ
2017.12.13

ユウカ・シーシカ

イラストの描写がとても綺麗で美しく、コミカルな部分も持ち合わせており面白い!と思います。子どもから大人まで共感出来る内容なので、幅広く読める楽しい絵本だと思います。

いろはゆり
2017.12.12

いろはゆり

本当の強さや優しさが、いろごく凝縮された、素晴らしい絵本でした‼︎
動物の絵は宿っているかのように…コミカルな表情のものまで魅入ってしまいました。

つかまい子
2017.12.08

つかまい子

キャラクターちっくではなく、リアルで迫力のある動物たちの絵に惹かれます。
とても丁寧に描写されていて、ひきこまれました。
周りが求める姿の呪縛から解放される爽快さがありました。

もろりん
2017.12.04

もろりん

丁寧に描き込まれた風景と動物は圧巻です。偽りじゃない本当の自分をさらけ出す勇気を教えてくれる絵本ですね。

nura
2017.12.06

nura

リアルな描写の中にも、クスッと笑えるポイントが加えられて、とても愛おしく思える作品です。
こうでなくちゃならない、と頑張りすぎてしまう人の心をほぐしてくれる一冊だと思います

K. Kikiki
2017.12.03

K. Kikiki

絵にも文章にも、いのちがあふれています。
血や心のかよったいとおしさがあって、素直にお話に吸い込まれてしまいました。
このさき、ちょっと捻てしまったとき、この画像が心に浮かんで、私を助けてくれそうです✨

もも
2017.12.03

もも

この絵本を読んで、まず感じた事は、子供だけではなく、大人にも読んで欲しい絵本だなぁと思いました。優しきクマが、自分の気持ちとは別に強くあろうとするのですが、ある出来事で実は、強く怖いクマではないという事が周りに、知られてしまうのです。結果、ありのままの自分を知ってもらう事で、周りとの関係性に素晴らしい変化がおこります。この本を読んだあとは、素の自分でいる事が、大切なんだ改めて気付く。そんな1冊です。