絵本ひろば

さむがりループとまほうのステッキ

2017.12.12

312

さむがりループとながぐつ

さむがりループとまほうのステッキ

この絵本を読む
この絵本の説明:
さむがりループとながぐつの第二弾!
おさんぽをしていたループがひろったのは、不思議なステッキ。
「持ち主のところへ帰りたい!」と、ステッキは泣き出します。
悲しむステッキにループは「ぼくがつれていってあげようか」と提案しました。
ステッキが言うには、持ち主は別の世界にいるそうです。
ステッキをひとふりすると、見たことのない世界につながりました。
その世界で出会うのは、ループの知らない者たちばかり。
みんな通せんぼしてきます。
ループとステッキは、協力をして知恵をしぼって乗りきっていきます。
そこで生まれた絆が、ループとステッキの旅を後押ししてくれました。
みんなの協力のおかげで、ステッキは持ち主の元へ戻ることができたのでした。
ステッキを届けてあげようという勇気が、ループにとって大きな自信に繋がりました。
ページ数:
46
対象年齢:
4歳〜5歳
タグ:

評価

ログインすると評価ができます

感想

ログインすると感想の投稿ができます