絵本ひろば

ありがとうのさんぽ

この絵本の説明:
こぐまのいっちは、ありがとうを伝えるのが苦手。

ある日、ありがとうを言った時に現れる不思議な生き物、ありがとう君を追いかけて旅に出ます。

その小さな旅を通して、いっちがありがとうを伝える大切さを学ぶ物語です。
ページ数:
20
対象年齢:
4歳〜5歳
タグ:

評価

ログインすると評価ができます

感想

ログインすると感想の投稿ができます

maochiro
2018.05.20

maochiro

今7ヶ月の息子がいます。自分の子どもがもう少し大きくなったら、絶対読んであげたい素敵な絵本でした!!!

ぺーしん
2018.05.20

ぺーしん

読んだあとに優しい気持ちになれる素敵な絵本。
子供だけでなく、大人も改めてありがとうの大切さに気付かされるストーリー。
ついつい忘れがちになってしまう周りの人への感謝の気持ちを、しっかりと言葉にして伝えていきたいです。ありがとう!

daifuku
2018.05.20

daifuku

感動しました!日頃から感謝の気持ちを伝える大切さを改めて感じる本でした!

May
2018.05.20

May

もう、何年も会っていない両親に会って心からの"ありがとう"を伝えたい、そんな気持ちになりました^^
子供のみではなく、大人にも読んでほしいなと思います。

tatsuru
2018.05.08

tatsuru

忘れかけてた気持ちを思い出しました!僕もこれからはみんなにこの素晴らしい言葉を勇気を出して伝えていきます。

エキトン
2018.05.06

エキトン

外国人の僕は、すごく感動しました。ありがとうの言葉は魔法の言葉のよう、奇跡を起こせます。

モカブー
2018.05.05

モカブー

大人になるにつれて、ありがとうと親に気恥ずかしく言いづらい。ありがとうと伝えたいと思います。
自分の子供に、ありがとうと言う姿を見せていきたいと思いました。
この素敵な絵本を子供にも早く見せたいです。

だち
2018.05.05

だち

大人になるにつれて忘れていた気持ちを思い出させてくれて「ありがとう」

オムライス
2018.05.04

オムライス

このストーリーでは「ありがとう」と口に出すことで初めてありがとう君が生まれます。ありがとう君はどんどん他の人にも移動していくことで「ありがとう」の連鎖を生み出します。

誰かにありがとうと思っていても大人になると実際に口に出して伝えることは少なかったりします。こんなことでありがとうって大げさかな、ちょっと恥ずかしいなと思ってしまうからです。でも自分の目の前の人に「ありがとう」が言えたら、その人は嬉しい気持ちになりますし、その人から感謝の言葉が他の人にも広がっていくことがあるんですよね。

ちょっと勇気を出して目の前の人に「ありがとう」と伝えてみよう。そんな気持ちにさせてくれる素敵なストーリーでした。絵もかわいくてゾウさんのしっぽのリボンが個人的にはツボでした。

You
2018.05.04

You

大人になるにつれて言い辛くなる言葉なのかな…大人になり
当たり前のことが増えて、いつの頃からか慣れて、これは当然だと。
どんな小さな事にも「ありがとう」という感謝を、言葉を相手に伝えられるように。


aki
2018.05.03

aki

とても大切なわすれかけていたことを改めて教えてくれる。当たり前のことが最近言えないひとが多い。
子供だけでなく大人にも読んでほしい作品です。

MNT
2018.05.03

MNT

簡単なようで実はとても難しい、感謝の気持ちを伝えること。ありがとうの大切さを学んだいっちが素直にお母さんお父さんにありがとうと伝えられる姿はかっこいい。
温かい気持ちになりました。ありがとう。

くま
2018.05.03

くま

ありがとうくん、かわいいです。
こどもも笑顔になるいい絵本だと思います。

ちあき
2018.05.03

ちあき

ありがとうの連鎖って素敵よね✨
ありがとう🙌🙌

まい
2018.05.03

まい

忘れてしまいがちな、ありがとうと伝える大切さを可愛い絵とシンプルなストーリーから学べる素敵な絵本だなと思いました!ありがとう君を使ってありがとうと言われた時に感じる、嬉しさと、ありがとうの連鎖みたいなものが表現されている点も素敵でした!

なおき
2018.05.03

なおき

とてもシンプルなお話ですが、大切なことを学べる絵本でした。
あたらしいありがとう君がうまれるというのがとても素敵でした。

chika
2018.05.03

chika

ありがとうを伝える大切さを楽しく学べる良い本だと思いました。
いっちとゾウさんがかわいかったです。