絵本ひろば

マクのクリスマス

2020.11.04

2,305

音楽絵本くまのマクシリーズ

マクのクリスマス

この絵本を読む アプリで読む
この絵本の説明:
3才になったマクはメメント森のクリスマスコンサートでわたなべゆうさんというギタリストの演奏を聴きました。

コンサートの後、そのゆうさんからとっても嬉しい言葉を聞くことになります。

3歳のマクの、クリスマスの素敵な思い出のお話。



絵本のご注文は↓からお願いいたします。
https://yuwatanabe.thebase.in
 
 

※絵本のページごとに音楽がついていて、絵本の物語と音楽が一緒に届く作品となっています。

音楽と一緒にお楽しみ頂きたい方はこちらもぜひ↓

絵本の主題歌も聴けます♪

音楽絵本『マクのクリスマス』の読み聞かせ動画↓
https://youtu.be/a81QnNhDHzU

音楽絵本『マクのクリスマス』の読み聞かせ動画朗読Off ver.↓
(お子さんへの読み聞かせの時などにご利用いただけたらと思います。)
https://youtu.be/zWFsz8p7RcM


作&音楽 わたなべゆう
絵 つよしゆうこ



『くまのマク』シリーズ第2弾が、ゆうくんから届いた。



前作のあたたかさと、一抹の寂しさとマクの未来への希望。その希望は、読者のみんなの希望でもあったように思う。

クリスマスを迎えたマクは、少しだけ逞しくなっていた。

前作より内省感を抑え、開放的で包容力が柱になっているように思うギターの旋律は、いつの間にか言葉を持っているかのように語りかけ、つよしさんの絵が動いているように見えた。

逞しさは明るさと優しさ、そして、より力強い希望を生み出す。

ぼくは、いつの間にか、笑顔でいながら涙を浮かべていた。

次にマクに逢えるのはいつかなあ...



佐藤竹善 (Sing Like Talking)




マクのクリスマスには、お父さんもお母さんも出て来ないのに、絵の端々に、音の間に、沢山のお父さんとお母さんを感じます。

子を想う、ということは、声にならない、音にならないその向こうの『愛』そのものです。

ゆうくんは、そんな愛そのものに真っ向から挑戦したんだね。

このギターの音がいつか、
彼の小さな宝物の誇りになる日がきっと来るんだろうな。



こじまいづみ(花*花)

ページ数:
18
対象年齢:
6歳〜
タグ:

評価

ログインすると評価ができます

感想

ログインすると感想の投稿ができます

よーこ
2020.12.30

よーこ

素敵なメメント森に行ってみたい!
マクにとって最高の曲のプレゼント!
マクはずっと笑顔で元気に過ごしてほしいなあって思いました。

たぁ〜坊
2020.12.25

たぁ〜坊

『マクのクリスマス』と言う、ゆうくんの曲と共に絵本を読むと、なお一層素敵な世界への誘って貰えます
メ〜リ〜クリスマ〜ス、マク〜♪

イプキス
2020.12.25

イプキス

メリークリスマス・マク♪

たま
2020.12.25

たま

今の時期にぴったりな素敵な物語ですね

まぁくん
2020.12.25

まぁくん

曲と物語がとてもマッチしていますね

ゆき
2020.12.24

ゆき

マクを思ってお父さんが作ってくれた曲!?嬉しい、マクのこと自分のことのように幸せな気持ちになりました。

わたなべゆう
2020.12.24

わたなべゆう

その曲、実は僕が息子を想って作った曲なんです〜!

jun
2020.12.24

jun

マクはひとりぼっちの帰り道もひとりじゃなかったんですね、良かった、愛されて生まれてきたこと、感じられて。音楽を聴きながら読むと涙が溢れてきました。このテーマ曲、歌詞も曲も大好きです。クリスマスに家族で聴きたいと思います。

わたなべゆう
2020.12.24

わたなべゆう

クリスマスの家族の時間に寄り添えるなんてとても嬉しいです♪メリークリスマス♪

この作者の近況ボード更新履歴