絵本ひろば

ねむりねこ

この絵本の説明:
スヤスヤスヤ ねこはねむる
ねむりながら あのこのことをおもいだした———

ねこは、あのこをお腹に宿した日からの幸せな日々を想う。
自分がこの世から去っても、命や生きた証は、世代を超えて受け継がれていく。
だから、悲しいけれど、大丈夫。

リズミカルなことばと、墨の濃淡で描かれた命のメッセージ。
ページ数:
31
対象年齢:
6歳〜
タグ:

評価

ログインすると評価ができます

感想

ログインすると感想の投稿ができます

ユウカ・シーシカ
2017.12.13

ユウカ・シーシカ

リズム感のある言い回しが面白いです。場面場面で、スーッとねこの感情が入って来ます。何回も読み返したくなる絵本です。

livredimage
2017.12.12

livredimage

テンポよく読めながら、心に残る絵本ですね。
墨絵がお話をさらに引き立てています。
とても素敵な作品だと思いました。

にじ種えり
2017.12.09

にじ種えり

短い言葉なのに、とても心に響きます。
子供に読んであげたい絵本です。

RKK
2017.12.06

RKK

とても好きな絵本の一つです。
あたたかな絵と内容ととても素敵です。

naoky
2017.12.06

naoky

以前からつかまい子さんのファンです。
ねむりねこをはじめて読んだときとても感動して、孫へ贈りたいと思い、応援しています。
出版されるといいですね。

ララちゃんママ
2017.12.05

ララちゃんママ

以前に、SNSで販売されていたこちらの手作り本を購入させていただきました。
大切にしています。娘も気に入ってよく読んでいます。
読むたびに泣けてきます。書籍化されたらまた購入したいです。

エリンギ
2017.12.04

エリンギ

墨絵も素敵ですし、命をもらっていることに感謝することを思い出させてもらいました。

こみどりきのこ
2017.12.04

こみどりきのこ

思わず泣いてしまいました。モノクロイラストもお話を引き立てていました。

ピヨ子
2017.12.04

ピヨ子

お母さんの愛と命のつながりに感動しました。墨絵もとても可愛いです。

K. Kikiki
2017.12.03

K. Kikiki

やさしい語り口とイメージを深めてくれるような墨の奥深さに、
「ねこ」なママの大きなやさしさへの安心感や
しあわせな「あのこ」であった時代に、
感謝のような、幸福なような、なんとも言えない思いがあふれました。
いろんなシーンで、たいせつな人にそっと贈りたいと思いました。

そらうさぎ はる
2017.12.02

そらうさぎ はる

モノクロの墨の濃淡が何故かあたたかい。
読むたび泣けますね。

そらうさぎ はる
2017.12.02

そらうさぎ はる

モノクロなのに墨色の濃淡ってやさしいですね。泣けます。

電画劇団もりし
2017.12.02

電画劇団もりし

テンポよく進みますが、とても
あたたかく、そして深く切ないお話ですね!色んな世代の人に読んで欲しい絵本だなと思いました(T.T)

Masayoshi
2017.12.02

Masayoshi

泣けました、深いですね

ルミルミ
2017.12.01

ルミルミ

お母さんに会いたくなった

szktik
2017.12.01

szktik

モノクロばかりのシーンから、見せ場でカラーが入る演出は悪くなかった。繰り返し同じリズムをつないでいるのも悪くなかったが、もっと話に起伏があってもよかったかも。ただ話と絵柄はマッチしていたので、全体としてバランスがよく取れていたように思います。

この作者の近況ボード更新履歴