絵本ひろば

かしこいとり と きいろいき

2017.11.01

1,336

かしこいとり と きいろいき

この絵本を読む アプリで読む
この絵本の説明:
ある森で おこった とり・木・人 の物語。

長い時間の中で つながっているものがある
身のまわりにある自然に 思いをめぐらせてみよう

ページ数:
34
対象年齢:
4歳〜5歳
タグ:

評価

ログインすると評価ができます

感想

ログインすると感想の投稿ができます

Halo_Fula
2017.12.21

Halo_Fula

すごく良いお話だと思います。絵も綺麗でフォントも絵の一部になっていて一体感があります。自然の中に生きる生き物の一つとしてかしこいとりの選択は当然かつ合理的なのですが、かしこいとりとしてはもう少し人間を困らせてもよかったのではないでしょうか?

ユウカ・シーシカ
2017.12.13

ユウカ・シーシカ

色使いがポップでとても可愛いです。鳥たちの無邪気さや、自然を大切にする気持ちが絵やストーリーから伝わります。生き物と共存している大切さを学べる絵本だと思いました。

takeko-tsukiya
2017.12.08

takeko-tsukiya

優しい色合いの絵によって、深いテーマをふっと軽く伝えているように感じます。
色の使い方がとても好きです。心に残る素敵な本だと思いました。

もろりん
2017.12.04

もろりん

まずパステルカラーの色合いがとても可愛くて、どのページをめくっても絵になる本だと思います。それだけではなくストーリーに深いテーマがありますよね。静かに環境問題を語っているように私は感じました。

K. Kikiki
2017.12.03

K. Kikiki

とりわけ、「かしこいとり」がぐるぐるしちゃうシーンがとても愛おしく、胸にひびきました。

ものごとは常にこんな風に一生懸命にぐるぐるしていて、それがいのちなり日々なりをつなげているのだと思うと、Fukiさんの描く世界のように、世の中がチャーミングな表情や色彩にあふれて見えてきます。

読後「かしこいとり」は、優柔不断でぐるぐるしちゃう私を、お守りのように「ものしずかに」導いてくれる存在となりました。

そらうさぎ はる
2017.12.02

そらうさぎ はる

絵が輪郭線がないのに立体的で素敵です。
カラフルでにぎやかなのに、ものしずかな感じが表現されていて
森のさまざまな音が聞こえてくる気がしました。7