絵本ひろば

ハットマンとしあわせのたね

この絵本の説明:
しあはせとは?受け取り方は人それぞれです。
雪だるまの精霊『ハットマン』は何でも楽しんでしまう達人です。
何気ない日常の中で、しあわせを見つける事が得意です。そして、そのしあわせな気持ちが不思議と人に伝わります。
小さなお子さんや、子育てや仕事で忙しいお父さん、お母さんにとっても楽しんで頂けたらと思い物語を考えました。しあわせはいつもすぐ近くにあります!
ページ数:
34
対象年齢:
2歳〜3歳
タグ:

評価

ログインすると評価ができます

感想

ログインすると感想の投稿ができます

つかまい子
2017.12.15

つかまい子

ハットマンさんやけむけむ、キャラクターが可愛くてほっこりしました。バタバタと日々を過ごすなかでも、心のドキドキを忘れないようにしたいなと思いました。

nura
2017.12.14

nura

美味しそうな表紙に始まり、色とりどりの楽しい作画にこちらがまさにハッとさせられます。
自分の近くにも、バットマンがいるかもしれない、そんな気持ちで読後も楽しめる一冊です。

もろりん
2017.12.04

もろりん

どのページの絵もふんわり可愛くて、優しい雰囲気にあふれています。作者の人柄が伝わってくるようです。普段は見過ごしている、幸せの種の存在に気づかされる絵本です。

takeko-tsukiya
2017.12.03

takeko-tsukiya

どのページにも作家さんの愛情がいっぱい詰まっていて暖かい気持ちになります。
色もカラフルで綺麗。日常の中、ハットマンの存在に気付ける自分でいたいなと思いました。

K. Kikiki
2017.12.03

K. Kikiki

当たりまえのように傍にいてくれる「しあわせのたね」たちに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

子どもの施設にあったら、表紙を見せただけで子どもたちが盛り上がりそうですね♪
りんごのたね、キウィのたね・・・じゃぁ、「しあわせ」のたねって、どんなのだろう?

子どもたちの口から、このお話が親御さんに伝わる、というのものもすてきと思います。

雪だるまの精霊というハットンさん。
クリスマスの読み聞かせにも素敵だと思いました。

そらうさぎ はる
2017.12.02

そらうさぎ はる

背景の家々やお花などがみんなかわいいです。
この絵本を読んで、こどもたちがしあわせ探しをしてくれたら素敵ですね。