絵本ひろば

木からおりれなくなった仔猫

この絵本の説明:
さよりちゃんは仔猫を助けるために木に登ります。
でも、さよりちゃんも怖くて降りれなくなってしまいました。
そこへ、パパや近所の人々、ついには消防車まで助けに来てくれます。
でも、全員木に登って降りれなくなってしまいます。
最後はお母さん猫がやって来ました。
お母さん猫の活躍で無事に全員助かりました。
めでたし、めでたし。
ページ数:
22
対象年齢:
4歳〜5歳
タグ:

評価

ログインすると評価ができます

感想

ログインすると感想の投稿ができます

えんころ。
2021.04.26

えんころ。

杖をついたおじいさんが、木に登れるか心配でした(o^^o)
発想がユニークで良かったです(笑)

Poohlia
2021.04.25

Poohlia

えー!そうきたか!?って終始ツッコミどころ満載で面白かったです(≧▽≦)
消防車…笑

レオニード貴海
2021.04.25

レオニード貴海

めっちゃいいなー、これ。

ということで感想が書きたくて登録してしまいました。

はしご消防車の意味よ。

いろいろとツッコミどころが多すぎるのですが最後、きっかけがあれば、人は困難を乗り越えられるんだというメッセージを(勝手に)感じました。

面白かったです。

鷹尾(たかお)
2021.04.23

鷹尾(たかお)

感動系の話かと思ったら……。
意表をつかれて笑いましたw面白かったです