絵本ひろば

おはようまでのこと

この絵本の説明:
この絵本は、朝目が覚めるまでの夜と朝、夢と現実の間のような時間を描いてみました。朝、ダンゴムシになってしまう娘を、つい嫌な起こし方をして学校に行かせてしまう日々が続いた時、娘が寝起きにふと言った言葉がお話の元になっています。娘の一日の始まりをもっと大切にしてみようと思えてから、朝、起こす時の声のかけ方が、ほんの少し優しくなれた様な気がします。忙しい朝にも思い出せる様にと、短い詩のような絵本にしました。お子さんにも、大人の方にも読んでもらえたらうれしいです。感想もぜひ、お聞かせください。
ページ数:
17
対象年齢:
6歳〜
タグ:

評価

ログインすると評価ができます

感想

ログインすると感想の投稿ができます